語学学校の選定

昨日はベイサイドスクールについて振り返ってみました。
今は、開校に向け佐々木女史が努力していると現地で話が出ていますが、そもそも、同氏は経営にはアマチュアといわれています。その隙を狙って、学校の経営権を奪取されたとの話でここセブでは話がまとまっております。
また、同じ経営コンセプトで学校を開くとなると、周りは大丈夫かといった噂が飛び交うわけです。

こじんまりとした学校ということのようですが、おそらく生徒への訴求は難しいはずです。。。

同じ轍を踏む学校と行ったイメージがでているからです。

あえて、2-300近くある語学学校の中から選ぶ理由、斡旋する立場からしてもそれはなかなか難しいからです。


一応、動きは注目です! また、何かありましたらアップデートします。

我々は、セブの語学学校の問題を多く見ています。推薦できる学校はいくつかに絞っております。安全安心な学校への生徒の紹介をすることを常にしています。

また、最近はコロナの影響で、生徒を日本に帰し、学費は返済しないといった大手の語学学校もあり、問題となっております。

あの大手がといった話題です。そのあたりも、真実がわかればお伝えいたします。

さて、セブの警察官が多くコロナ感染をしましたが、40名が復帰したといった明るいニュースが来ました。

でも、日本と違って、まだまだ、感染者数の増加は収まっておりません。

f:id:philippinescebu:20200617085204p:plain
Cebu policemen recovered from covid
philippinescebu.hatenablog.com
philippinescebu.hatenablog.com


語学学校選びのポイントは、こちらの記事をご覧ください。
philippinescebu.hatenablog.com