食事

フィリピン料理 5

ルンピア東南アジアではよく食べられている料理。 屋台料理としてよく目にします。 甘めのチリソースをつけて食べます。 パリパリとした食感で日本人の好みに合う料理です。 苦手だという日本人は見たことがありません。ルンビア代表料理philippinescebu.hat…

フィリピン料理 4

バロットバロットとは、孵化する直前のアヒルの卵を茹でたもの。 半分ひよこ。 バロットには段階があり、ひよこの成長具合によって売られています。 道端の露店では1つ30円くらいです。私はよく食べますが、鶏肉に少し臭みが残る程度。高タンパクフードです…

フィリピン料理 3

シシグ豚肉&玉ねぎと一緒に細かく刻み、しょう油、ビネガー、にんにく、唐辛子で味付けされたフィリピンの3代家庭料理の1つ。半熟卵をよく落とすのを目にします。味が濃いので、南国で汗をたっぷりかいた夜にはビールと一緒によく食べました。シシグ代表…

フィリピン料理 2

カレカレシチュー。 カレーっぽいですが、味はピーナッツソースが強い。カレーではないですのでお間違いないように。 肉&野菜にピーナッツソースで煮込んだ家庭料理。カレカレフィリピンの代表料理philippinescebu.hatenablog.com

フィリピンの料理 1

アドボアドボ(Adobo)とは、マリネを意味する単語。 フィリピン料理のアドボは、もともとスペイン料理のアドバード(肉の漬け焼き)を起源としています。 野菜や肉を多量の酢を用いた漬け汁に漬け込むために肉が柔らかくなるんです。醤油や&ニンニク&ナン…