問い合わせが増えていますが セブ島留学

I'm happy to receive some inquiries if we would be allowed to study abroad in Cebu.

この何日か私のTwitterにDMが届きます。留学の準備をしたほうがいいでしょうか? そうです、自粛解除が日本でスタートしてから海外への渡航が可能なのかという錯覚? かなにかで、気が緩んで、サー留学しよう!となっているかもしれません。

しかし、セブ島への留学がほぼ無理です。フィリピン国内でもっとも感染者数の増加割合が高いのがセブ、そしてその周辺の島々、地域です。

地域封鎖に軍隊までもが投入されています。

f:id:philippinescebu:20200627080614j:plain
軍隊が見守るセブ市内

セブにある語学学校の一部では、日本語学校に力を入れているところ、さらには、オンライン英会話に力を入れているところと別れてます。

一部の経営者の方とも話をしていますが、すでにあきらめムード満載です。

一部では授業料の返還をしないと決定した学校も出ています。

講師への報酬も滞っているところも出ていると聞いてます。

悲観的なことばかり書いていますが、留学を希望する方にとっては、残念ですが、来年に持ち越しとなるでしょう。

9月から再開するといった学校も出ていますが、ほぼ無理でしょう。

特に、医療崩壊的な状態にセブは置かれておりますので、安易に政府も渡航再開とはならないはずです。

twitterにDMをいただけたら、ご相談承ります。お気軽に。

philippinescebu.hatenablog.com

セブ島の英語留学のチャンスは年内ない

philippinescebu.hatenablog.com
philippinescebu.hatenablog.com

f:id:philippinescebu:20200624090103p:plain
セブ島はコロナで内部紛争

セブ島の語学留学のチャンスは年内は絶望的とみていいでしょう。まず、日本と韓国からフィリピンへ出国ができないことが大きな問題。フィリピン内でのコロナの患者数は減りもしない、増える状況がまだ続いています。
セブ内でも増え続け、貧困層だけでなく、仕事を失う人々への食糧支援の動きが拡大してきています。
国内の暴動化の恐れも首都では考えられます。さらに、セブ島でなく、他の地域では共産党の過激な動きも予測されており、国内の治安の問題が再燃しそうである。
そういったなかで、セブへ語学留学という選択肢はほぼ年内はないとみていいでしょう。
そこで、留学できない方々は、オンラインでの英語勉強をと思います。

留学に備えて、少しでも英語力を事前に身に着けていくことは無駄になりませんし、有意義に留学を生かせると思います。

過去の2つの記事をリライトしましたので、どうぞ。

philippinescebu.hatenablog.com

セブで見かける感染防衛

セブ島、フィリピンの感染者数はいまだに数百人レベルで増えています。まだまだ、終息までに時間がかかるでしょう。

そんな中、こんな商品が出ているようです。

バイクの国の東南アジアでははやるかもしれませんね。

フィリピン人経営の語学学校の情報

この記事は約3分で読破可能です。

なんといっても、値段が格安であることがウリです。
日本人経営、韓国人経営の語学学校は、現地(自国)から生徒を呼び込むうえでは、競争に打ち勝つ必要があり、施設の豪華さ、差別化するうえでの教育内容、さらには、ゴルフやレジャー、そのほかのオプション的要素を加味したカリキュラムでの差別化が見られます。
一方で、好き好んでフィリピン人の経営する語学学校を選ぶことは選択肢としてはあまり浮上してこないのが現状です。

しかし、長期滞在、本当の意味で現地に長期でどっぷりと身を投じるとなると、それは、選択肢として出てくることもありかと。
治安面などをどう考えるか、財務的な経営状況など不透明さは残るが、そこは個人個人の判断、わたくしは、学生ではなく、社会人の方には何名かご紹介した経験があります。



そこで、一例としてEBを。

+ EBはどこにある

場所は、せぶではなく、首都マニラのケソンシティという場所にあります。

Google マップ


官庁街のイメージが強い街です。その官庁街から一歩奥に入った住宅街。メイン通りから2,3離れており、車やバイクの往来も激しくなく閑静さがあるところに位置しているのが、この学校。
場所は文句なく便利ですが、リゾートさがまったく感じられないのが、わざわざフィリピンに来たのに?と思うかもしれません。

  • 全部英語

本校は、EOP校舎といわれ、2つの建物があります。
道路を隔てて、「ホワイトハウス」と「VIPハウス」と呼んでいる建物です。後者には英語だけという紙の張り紙もあり、全部英語でやり取りしないといけません。
これは、考えよう。この過去の記事にも載せています。ご覧ください。
philippinescebu.hatenablog.com

+ 設備はどうか

f:id:philippinescebu:20200619092334j:plain
こんな感じ

多くを載せませんが、日本人経営の語学学校の宿舎はホテルに隣接させて、通わせるパターンが多いので、その点は、完全にアゲインスト。でも、現地に来たのに、現地の実態を知らないのはどうかとも?

f:id:philippinescebu:20200619092517j:plain
こんな感じ2

- 衛生面は?

問題はないと思います。わたくしの友人の日本人留学生も、2か月ここにいて、その後セブ島の語学学校に来ましたが、食事などの衛生面は、政府の管理下にもある学校であり、その辺は最低限注意を払われております。共同生活が基本で、シャワーやトイレは共同となります。



- 国籍割合は

2年前の情報として学校にヒアリングしました。当時40名の学生、うち日本人は3名、韓国人5名、中国人8名、その他欧米が占めるイメージです。学校の休みや、放課後などはぜひ、多国籍の友人を作って文化交流を!といったことが言えます。


- カリキュラム

月曜日にオリエンテーションオリエンテーションをやってくれるのもフィリピン人です。ということは、当然、日本人スタッフおりません。1日の授業は希望にもよりますが、8時間程度がノーマル。朝9時から夕方5時まで。オプションとして1対1もオッケーです。放課後や週末は、周辺にはショッピングモールがあるので、ボーリング、映画、マッサージ、レストランがあり、地元の人の日常と同じ生活スタイルが経験できます。日用品、食料品も問題ないです。

- 授業料は

2年前の情報ですが、おおざっぱに言うと、日本人経営の語学学校で旅費、食事、宿泊、授業料のトータルを100とすると、40といったレベルとなります。
それだけ、質が悪いかというと、私の友人の話では、授業の面では大きな変わりはない。なぜならば、講師レベルが資格や経験を持った人が行っていることです。値段面での差は、宿泊、食事の面が大きいと思います。私の友人は食事は朝、昼は時間の都合上学校の食堂、しかし、夜は、オプションで学校でとってもいいし、外で食べてもオッケーで、週に3-4回は外食していたそうです。
そう考えると、便利な場所に位置することからも、夜は外で同級生やルームメートと一緒に遊びに出かけるのがいいかもしれません。それならば、選択肢としてはありだと思います。

現地フィリピン人の経営の学校に関しても、ご相談は常時受け付けております。

セブ島留学お問い合わせ

または、DMいただけたら。
https://twitter.com/Z7X9ZFX3qOoYf9S


語学学校の選定

昨日はベイサイドスクールについて振り返ってみました。
今は、開校に向け佐々木女史が努力していると現地で話が出ていますが、そもそも、同氏は経営にはアマチュアといわれています。その隙を狙って、学校の経営権を奪取されたとの話でここセブでは話がまとまっております。
また、同じ経営コンセプトで学校を開くとなると、周りは大丈夫かといった噂が飛び交うわけです。

こじんまりとした学校ということのようですが、おそらく生徒への訴求は難しいはずです。。。

同じ轍を踏む学校と行ったイメージがでているからです。

あえて、2-300近くある語学学校の中から選ぶ理由、斡旋する立場からしてもそれはなかなか難しいからです。


一応、動きは注目です! また、何かありましたらアップデートします。

我々は、セブの語学学校の問題を多く見ています。推薦できる学校はいくつかに絞っております。安全安心な学校への生徒の紹介をすることを常にしています。

また、最近はコロナの影響で、生徒を日本に帰し、学費は返済しないといった大手の語学学校もあり、問題となっております。

あの大手がといった話題です。そのあたりも、真実がわかればお伝えいたします。

さて、セブの警察官が多くコロナ感染をしましたが、40名が復帰したといった明るいニュースが来ました。

でも、日本と違って、まだまだ、感染者数の増加は収まっておりません。

f:id:philippinescebu:20200617085204p:plain
Cebu policemen recovered from covid
philippinescebu.hatenablog.com
philippinescebu.hatenablog.com


語学学校選びのポイントは、こちらの記事をご覧ください。
philippinescebu.hatenablog.com

少し振り返り セブ ベイサイド BAYSIDE ENGLLISH SCHOOL

f:id:philippinescebu:20200615133319j:plain
BAYSIDE RNGLISH SCHOOL

セブ島の英語学校に留学を考えている人なら、だれでも知っていると思われるのが、このBAYSIDE ENGLISH SCHOOL

経営に素人の佐々木女史がこの学校の経営を行ったあとに、東進元講師のメンバーが、この学校を不法的?に経営権を取得した学校です。

再起をかけて再興するとの話もありましたが、残念ながらコロナの影響で頓挫しているようです。

数年前、この学校はこのセブ島では大きな問題となり、話題が尽きなかったわけですが、佐々木氏がその後、復帰に向けて動いているとの情報がセブ島内で駆け巡ったわけです。

セブ島の英語学校留学の盛隆を極めた数年前、その後、コロナもあり、200近くひしめきあう学校がつぶれていっているは必至であり、驚きはないのですが、

虎視眈々とビジネスを狙っている人々が周りにたくさんおります。

留学を考えるにあたっては、しっかりと私のブログの↓を再度ご覧ください。

留学生が被害を受けることが一番不幸ですから、、

なんでも相談お待ちしていますよ。



裏の情報を現地に居るからこそわかるわけで、玉石混合の中、留学先を間違えないようにアドバイスいたします。
philippinescebu.hatenablog.com

セブ島は日本と同じレイニーシーズン入り

f:id:philippinescebu:20200613112432j:plain
rainy season has come!

憂鬱な日々がはじまります。
梅雨ですね。セブ島も、毎日これからジメジメの季節到来です。

台風の季節ですから、身の安全も考えないといけない季節です。

ノマド生活をしていると、外で作業をすることができないと、どうしても家にいることが多くなり、

朝起きて、朝食、家、ジム、家、昼食、家、夜食

といった完全ルーティン生活となります。

体調も本当はルーティンですからよくなるのでしょうが、見えないストレスがあるんでしょうか?

気持ちがすぐれない時期となります。

毎年、セブに居てこの季節になると、そういう気持ちに1-2か月悩まされるんですが、今年は、日本にも帰れないので、何ともなぁといった気持ち。涙
philippinescebu.hatenablog.com